大分県佐伯市 山野内行政書士事務所 : 遺言・遺産分割・離婚協議書作成専門

佐伯市の遺言・相続は、おまかせください。

佐伯市で数少ない
「遺言」・「相続」 専門の行政書士事務所です!

みなさん、こんにちは!「山野内行政書士事務所」です!

当事務所の代表 山野内眞人は、公務員出身。平成28年3月、36年間勤めた大分県「佐伯市役所」を、市民生活部長の職を最後に、「定年退職」しました。

公務員時代は、「地域貢献」の4文字を念頭に、「地域おこし」に全力投球。佐伯市弥生地域の「生姜のまちづくり」など、たくさんの地域の方々と交わりました。その親交は、今でも、続いています。

また、その一方で、長い間、「条例・規則」の作成や「裁判」などの法律業務を専門的に担当。市が実施した土地区画整理事業の裁判では、裁判所に提出する「準備書面」の原稿を、徹夜して書き上げたことも、何度もあります(ちなみに、この区画整理の裁判は、最高裁判所までいきましたが、地裁、高裁を含め、全て勝訴しました。)。公務員としては、とにかく寝ても醒めても「地域貢献」をめざして、誠心誠意、全力を尽くし、「完全燃焼」をしました。

「山野内行政書士事務所」は、このような公務員としての長年の「想い」と「実績」を基に、「地域への貢献」と、人生の「完全燃焼」をめざして開設したものです。

特定行政書士

当事務所の中心業務は、「遺言原案」、「遺産分割協議書」、「離婚協議書」の作成です。仕事の中で、特に、「子どものいない夫婦」の「遺言」作成の必要性を痛感しています。子どものいない夫婦の場合、多くは、兄弟姉妹や甥・姪が相続人として現われ、遺産をめぐり、大変な苦労をするからです。「相続」が「争族」となって、「喪族」となることのないよう、事前の遺言書作成の必要性を強く訴え、「遺言書を作ることを当たり前とする風土」=「遺言文化」を、ここ佐伯市から築いていくつもりです。

また、当事務所は、宅地建物取引業の「鶴屋不動産」も、併設しています。

「親の名義のまま」の活用していない土地・建物について、煩わしい「遺産分割協議」から、売却・代金の分配まで、一括してお世話します。


「遺言・相続セミナー」で講演中の代表者

当事務所は、佐伯市弥生地域の「生姜のまちづくり」を推進しています。弥生の応援のため、弥生の「生姜製品」を販売しています。

蒸し生姜パウダー(乾燥粉末生姜)
1,500円

弥生の「しょうが姉(ネエ)」と「しょうも姉(ネエ)」の2人が、生の生姜をスライスして、じっくり蒸し、天日干しして、パウダーにしたものです。1瓶に、約1.3キロの生姜を使っています。身体の温め効果は抜群です。

近日中に、生姜ドレッシングや生姜ポン酢なども販売予定です。

どうぞ、お気軽に、お越しください。心からお待ちしています。

Copy Right(C) 2019 山野内行政書士事務所. All Rights Reserved.